・新規プレス金型製作

・日辰製作所では通常のプレス用金型は社内で製作しています。金型用材料の購入から加工、型の組み立てまで自社で行うため型屋さんへの外注コストを抑えた価格で作ることができます。

・プレス金属部品のネックは金型のコストです。特に小量ロットの製品では新規金型のコストが悩むところだと思います。当社では可能な限りの金型のコストダウンを提案しております。


日辰製作所の金型製作

新規製作中の金型 (コンパウンド型)

 日辰製作所ではワイヤカッを中心にフライスや旋盤、セーパーを利用して可能な限り社内で金型を製作しております。

 外形送り抜き型/総抜き型(コンパウンド加工)など、コストや利便性、外形(ブランク)の反り問題等、様々な事を考慮して最適なタイプの金型を提案いたします。 

 例えば、『材料は極薄だが、反りや曲がり、変形には特に気をつけてほしい』ということならば総抜き型を。 
 『多少の反りや曲がりは組み付けるから関係ない、コスト重視で』ということであれば抜き落とし型を、といったように、お客様のお求めに応じた金型作りを心掛けております。

 

 材料等にも検討を重ねています。コストダウンのためには必要以上のガイドや不適切なサイズのプレート材は使用しません。
 作業に不便が出ないように充分考慮しながら必要最低限の細工と生産耐用数に充分耐えうるサイズ、板厚の材を選び金型を製作します。

 生産する部品の材質、サイズ等を考え、金型の材料も最適なものを使用しています。焼入れは信頼できる焼入れ屋さんで行い、強度も保つよう考えています。

 抜き型だけでなく、穴あけ型、曲げ方も丁寧に作ります。製作段階でプレス機を使って実際に試作しながら仕上げていきます。

 


穴あけ型

穴あけ用パンチ(交換式)

 基本的には社内プレス機での加工を想定して金型生産、量産までを責任を持って行いますが、金型のみの製作にも対応いたします。お使いのプレスに合わせて使いやすい型製作を提案いたします。

 金型製作を外注依頼しているプレス屋さんもぜひご相談ください。損耗した金型の修理もお受けしていますのよろしくお願いいたします。